弊社について

今回は「ワーケーション」について書きますが、その前に簡単に弊社について説明します。

ミッション

弊社では

「働く場所・時間帯を、働く人が自由に選べるような社会にする」

というミッションを掲げています。

その第一段階として、まずは自分たち自身で働く場所・時間帯を自由に選べるように取り組んでおり、こちらはある程度は達成できていると思います。

メンバー

弊社の仕事は基本的には「働く場所・時間帯」が自由です。

まず、時間に関して言うと、弊社の仕事をしているのは、週に2〜3日程度好きな時間で働くフリーランスの方がメインとなっています。それ以外には、他社の会社員で夜と土日に副業で手伝ってくれる方、あとは正社員もいます。

社員に関しては、「事業場外みなし労働時間制」を採用しており、比較的自由に働けると思います。

次に働く場所ですが、弊社では基本的にはリモート開発です。メンバーは首都圏在住が多いですが、首都圏以外にも数人、海外にも数人メンバーがいます。

ワーケーション?

ワーケーションとは

さて、本題の「ワーケーション」について説明します。

ワーケーション(workation)とは、ワーク(work、仕事)とバケーション(vacation、休暇)を組み合わせた造語で、休暇中に仕事をするというワークスタイルのこと、あるいは会社がそのような働き方を認める制度のことです。

海外では、2017年の初めくらいから徐々に広がりをみせてきたようで、国内では、日本航空が2017年7月に導入したことで少し話題になりました。

メリットとデメリット

日本人は休暇を取らないと良く言われますが、理由としては

  • 周りに迷惑をかけたくない
  • 重要な会議などがあって長期で休めない
  • 代わりにやってくれる人がいないので、長期で休むと仕事がたまってしまう

などが主なものだと思います。ワーケーションを導入することにより、旅先でもある程度仕事が出来るので、上のような懸念はある程度解消することがメリットです。

デメリットとしては、遠隔勤務の一般的なデメリットと大体一緒ですが

  • 情報漏洩の危険性がある
  • プライベートとの区別が付きづらい、働き過ぎになる

などが挙げられます。

弊社とワーケーション

リゾート地で働いているメンバーがいる

前述の通り、弊社の開発メンバーでは海外在住の人もいるのですが、中でも以下のリゾート地に住んでいる人もいます。

  • フィリピン、セブ島: 2名
  • インドネシア、バリ島: 1名

セブ島はスキューバなどのマリンスポーツや、近年では安価な英語留学先としても人気です。

バリ島も世界的に有名なリゾート地ですが、バリ在住のメンバーによると、サーフィンのメッカだそうで、世界中からサーフィンをするために移住してくる人が沢山いるそうです。

そもそも完全リモート、勤務時間も自由だが…

弊社でもワーケーションを導入すれば良いと思われるかもしれませんが、そもそも、弊社では完全リモート勤務で勤務時間も自由に選べますので、あえて「ワーケーション」という制度を作る必要は無いかもしれません。

ただ、リモート勤務OK、勤務時間も自由という2つの制度だけだと、以下のように若干不十分な点もあると感じています。

  • リゾート地のホテルとかだと仕事をする気が起きない
  • アダプターとかも含めると荷物がかさばる
  • 海外だと時差があって、ミーティングがしづらい

今後やりたいこと

リゾート地に拠点を作る

「ホテルだと仕事気分にならない」、「旅行の荷物がかさばる」という課題に対しては、コワーキングスペースが解決策になりそうです。

弊社自身で運営しなくても、既存のコワーキング施設とうまく提携出来れば、弊社の開発メンバーがリゾート地に気軽に行って、1〜2日だけ集中して仕事をして、残りは思いっきり休暇を楽しむという事が出来そうです。

国内観光地だけで無く、海外リゾート地でもそういう場所が出来ると良いなと思っています。

中長期滞在をサポートしていきたい

ワーケーションの文脈からは少し外れますが、「働く場所・時間帯を自由に」という考えを突き詰めると、短期滞在では無く、違う場所に中長期で滞在するという選択肢も出てきます。

ただ、その場合の課題として、以下のようなものがあります。

  • 配偶者が会社勤めのため、好きな場所に引っ越せない
  • 子供がいるので、あまり何度も転校させたくない
  • 海外の場合、住む場所・ビザなどの手配が大変

これらに関しては、すぐの解決は難しそうですが、色々アイディアはあるので、徐々に実現させていきたいと考えています。

まとめ

最近の「働き方改革」の流れで「ワーケーション」もある程度注目を集めていますが、弊社では従来からリモート勤務・勤務時間も原則自由なので、「ワーケーション」とわざわざ銘打たなくても、同様のことが実現できています。

ただ、弊社のミッションである「働く場所・時間帯を、働く人が自由に選べるような社会にする」ためにはまだまだ課題も多いので、徐々に取り組んでいこうと考えています。その一環として、まずはリゾート地で拠点を作りたいと考えています。

最後になりますが、働く場所・時間帯を自由に選べる弊社での仕事にご興味のある方は、是非一度、以下のフォームよりご連絡頂ければと思います。

お問い合わせ